企業情報 Enterprise information

  • HOME
  • 経営理念

経営理念

経営理念

いつも時代の先頭に 早く、広く、深く 次代を築く誇り高い営業集団
主文Ⅰ:いつも時代の先頭に
副文Ⅰ:我々の仕事は、人真似ではなく、人のやれない事、難しい事に挑戦し、世の中に役に立つ新しい製品を生み出す為の開発促進業である。
理念Ⅰの解説文

① 人真似ではなく、人のやれない事、難しい事に挑戦するとは
人と同じことをしていても面白く無い。誰もやっていない仕事をするとワクワクする。ワクワク仕事をすると、もっとおもしろい仕事をしたくなる。
それがもっと成長したいという気持ちに繋がる。
仕事の対価は仕事である。難しい仕事に挑戦し、人間として成長しながら、お客様に感謝、感激、感動される。それが本当の仕事の喜びである。
向上心を持った社員になろう。

② 世の中に役に立つとは
世の中はどんどん変化している。わが社はその中でも一番激しい電子の世界に生きている。我々は、その変化をチャンスと捉え、無くてはならない存在となる。
目先の利益ではなくお客様と永い信頼関係を創り、社会に貢献しよう。

③ 開発促進業とは
世の中の変化を誰よりも早くキャッチし、単に部品を売るのではなく、競争力のある新しい製品を生み出すために、開発の段階から技術者と一体となって、部品一つ一つの選定から技術サポートまで行う。
主文Ⅱ:早く、広く、深く
副文Ⅱ:我々は、お客様の立場に立って、「早いレスポンス」「広いネットワーク」「深いサポート」を実践する電子の統合サービス業である。
理念Ⅱの解説文

① お客様の立場に立ってとは
お客様の要求には理由がある。相手の気持ちになり、相手の心になって、常になぜ・なぜ・なぜと掘り下げて考える。
お客様の言いなりではなく、いかに喜んで頂けるかを日々考え、仕事をしよう。

② 早いレスポンスとは お客様に信頼してもらうためには、素早い対応が大切である。スピードだけで、人の2倍の仕事は簡単に出来る。
1/100秒で反応、0.2秒で即行動し、「情報」と「モノ」を素早く正確に提供する。
何事もスピードが一番。

③ 広いネットワークとは 我々は要求のあった部品を調達するだけではなく、お客様にとって必要な物を選定・提案するサービスを行う。
海外にも独自の仕入ルートを構築。業界に広く通じる調達力があるからこそ、お客様にとって「必要な物」を「広く」提供できる。
ネットワークの定義
明光電子を中心とした、幅広く、強固な信頼関係で結ばれた、「人」と「情報」のつながりのことである。その範囲は、国内外を問わず、仕入先・協力会社、得意先、システム会社、物流会社、有識者、更には競合先をも言う。

④ 深いサポートとは
業界トップメーカーと直接取引をおこない、かつ、メーカーそれぞれの商品群の、80%は競合しない。
敵味方をはっきりさせることにより、メーカーから信頼され、新製品情報、サンプル、技術対応など手厚いサポートを得られる。
これにより、試作段階から、量産を見越した部品を提供し、品質・価格・納期すべてにおいて、お客様に最高のサービスを提供できる。
サポート領域は日々、広がり、常に進化している。

⑤ 電子の統合サービス業とは
専門商社の顔と便利屋の顔の二面性を併せ持つ、非常にユニークな会社である。
一人の担当者が、企画から、開発、部品選定、試作、実装、検査、組立、在庫管理、廃止・互換品まで対応する。
主文Ⅲ:次代を築く誇り高い営業集団
副文Ⅲ:人生の目的を持ち、高い目標を自ら掲げて、新しい時代は我々が築く。
理念Ⅲの解説文

① 人生の目的とは
「人は何のために生きるのか」、これは人類の永遠の課題である。
ひとつの答えは仕事を通して周りの人を喜ばせ、社会のために尽くすことである。
それが自分の幸せに繋がる。

②高い目標を自ら掲げるとは
目標とは、目的を達成するための通過点である。
何を、どれだけ、いつまでに達成するかを数字で決める。
自ら高い目標を掲げると、智恵と勇気がわいてくる。
高い山ほど、登ったときの達成感は大きい。

目的

1.社員満足 2.顧客満足 3.社会貢献
社員満足 -誇りある人生を送ろう-
自己を厳しく振り返り周りに感謝できる自分、誇りの持てる自分を目指し、自己の主体性を確立しよう。
顧客満足 -お客様と喜びを共有しよう-
お客様の気持ちになりお客様の心になって素直に話を聴く。そして新たな価値有る物を共に創造する。
その感謝と感動を共有しよう。
社会貢献 -世の中に喜ばれる仕事をしよう-
世の中はどんどん変化している。わが社はその中でも一番激しい電子の世界に生きている。
その変化をチャンスと捉え、世の中に無くてはならない存在として、社会に貢献しよう。
このページのTOPへ戻る